名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

矯正中の歯のケアって?

 

「口元を綺麗にみせる」というのも矯正治療の目的のひとつだと思います。

しかし、そんな矯正治療中に歯磨きをサボってしまうと、歯の表面が白濁してしまい

歯並びが良くなっても、綺麗にみせることが難しくなってしまいます。

 

では、なぜ歯磨きをサボると歯が白濁してしまうのでしょうか??

ワイヤーで動かしていく装置の場合、歯にブラケットをつけますがその周りに汚れが付きやすく、

しっかり歯磨きをしないと汚れが蓄積してしまいます。

そこで虫歯菌が歯の表面を溶かして、装置の周りだけ歯が白くなります。

装置がついていたところは変色はないので、装置を外した時に周りの部分だけ歯の白濁が起こります。

 

そうならないためにはどうしたらよいのか??

アール歯科には矯正中に役立つケアグッズをたくさんご用意しております。

ブラケット周りには小回りのきく歯間ブラシを使って磨くと

細かいところも磨けるのでオススメです。

自分に合ったものを見つけるためにも、いろいろお試しくださいね。