名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

冬場に気をつけたい歯の問題!

みなさまこんにちは😆

名駅アール歯科・矯正歯科でございます。

 

最近は急に気温が下がり、とても冷え込んできましたね。

風邪を引かないように体調管理に気を付けてくださいね。

 

みなさんは、寒い時に温かくて甘い飲食物をとると、何の前触れもなく複数の歯が痛み出すことがありませんか?

本日は冬場に気をつけたい歯の問題についてお話いたしますね⛄️❄️

 

口の中の乾燥に注意!

寒いと前歯が痛くなる!なんてこともありますが、冬はなんといってもお口の中の乾燥に注意してください。

というのも、歯は乾燥に弱いのです。

 

唾液には抗菌作用があり、お口の雑菌の繁殖を防いでくれるので、歯が濡れている状態であれば、唾液の作用で虫歯や歯周病をおさえられます。

そのため、唾液が不足して口が乾くと、虫歯や歯周病にかかりやすくなったり、口臭の原因にもなってしまうのです。

 

口呼吸をするとお口の中が乾きやすくなるので、鼻で息をするように心がけましょう😆

また歯が乾くと、汚れや着色もつきやすくなります。

「前歯の表側に汚れや着色がつきやすくなったな・・・。」と思ったときは、『歯が乾いているのかも!』と疑ってみるといいかもしれません。

着色が気になる方は、クリーニングでしっかり綺麗にすることが出来ますので、いつでもご予約お待ちしております。

 

 

食いしばらないように気をつけて!

寒くなると肩凝りや、歯の痛みがでる原因のひとつに『歯の食いしばり』があります。

寒いと無意識に、思い切り歯を食いしばっている!なんてことはありませんか?

 

冬の寒さを耐えるために、寝ている間に無意識に歯を長時間、かなりの力で食いしばることがあります。
するとその翌日に歯が痛くなり、虫歯のような症状が出てくるのです😳

 

食いしばりによる影響

●歯が削れたり、欠損する

●亀裂、破折

●歯がグラグラ動揺する

●歯周組織にまで負担がかかり、歯周病が悪化する

●知覚過敏

●顎関節症

●肩こり   などがあります。

スポーツ選手などがマウスピースをはめているのは、力を振り絞るときに歯を食いしばり、それが歯に大きな負担をかけてしまうため、マウスピースで歯を守っているのです😆

 

日中はできるだけ歯を食いしばらないように意識しましょう!

寝ているときは、歯が食いしばらないように意識することが出来ませんので、寝るときにマウスピース(ナイトガード)を付けて、歯に負担がかからないようにしましょう。

ナイトガードは保険が適用です。

スポーツ用のマウスガードは保険適用外です。

どちらも当院でお作りできますので、ご希望であればいつでもご相談下さいませ。

お問い合わせ、お待ちしております😆