名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

インプラント治療とは

ジルコニアクラウン

インプラント治療とは

インプラント治療とは身体になじみやすいチタン製の人工歯根(インプラント)を歯があった場所の顎の骨に手術して埋め込み、その上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う治療法です。歯科医療技術の進歩にともない、近年ではインプラント治療を受ける方が増えています。

歯の知識

天然歯の感覚に近いのがインプラント治療です。
インプラントの構造

より安全に、より痛みを抑えるようにさまざまなニーズにお応えします

当院ではより安全なインプラント治療をご提供するため歯科用CTを活用し診断の精度を高めています。その際にはi-CATシステムを導入し、インプラントを埋める理想の位置を確認して精密な診断につなげています。

またインプラントを埋入する手術の精度を高めるためのサージカルガイドやノーベルガイドの活用により、インプラントをどの位置にどこ角度にどの深さに埋入するかを診断通りに再現できるようにしています。ガイドの使用は手術時間の短縮にもつながります。

インプラント埋入のために顎の骨に穴を開けますが、その際に使用しているのがピエゾサージェリーです。精度が高く細かく早く作動するので切削能力が高く、痛みを抑えることにつながります。


抜歯即時埋入
手術回数を1回に
インプラント

通常のインプラント手術はまずインプラント体を顎の骨に埋め込み安定するまでの治癒期間を設けます。安定の確認後、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメントを装着するための手術を行います。そのため2回の手術が必要です。

どんな手術でも回数が少ないほうが身体的な負担は軽くなります。通常は2回法でインプラントを埋め込みますが、顎の骨やお口の状態によっては1回の手術でアバットメントまで装着することも可能です。また抜歯をして直後にインプラントを埋入する方法もあります。精密検査により可能だと診断された場合は、より患者様の負担が少ない治療方法をご提案しています。


All-on-4(オールオンフォー)
総入れ歯の方・多くの歯を失った方へ
All-on-4(オールオンフォー)

通常のインプラント手術はまずインプラント体を顎の骨に埋め込み安定するまでの治癒期間を設けます。安定の確認後、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメントを装着するための手術を行います。そのため2回の手術が必要です。

どんな手術でも回数が少ないほうが身体的な負担は軽くなります。通常は2回法でインプラントを埋め込みますが、顎の骨やお口の状態によっては1回の手術でアバットメントまで装着することも可能です。また抜歯をして直後にインプラントを埋入する方法もあります。精密検査により可能だと診断された場合は、より患者様の負担が少ない治療方法をご提案しています。


骨再生療法

骨が少なくて他院でインプラント治療を断られてしまった方へ
インプラントを埋入するためには十分な顎の骨の量が必要です。
足りない場合にはインプラント治療を断られる場合がありますが、そのような場合でも骨再生療法を併用するとインプラントの埋入が可能になることがあります。
当院では骨再生療法にも対応していますので治療可能かもしれません。まずはご相談ください。
骨再生療法にもいくつかの種類があります。


サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥歯部分の骨の厚みがかなり少ない場合や多数の歯が失われているときに行う処置です。歯があった部分の側面から歯ぐきに穴を開けて骨補填材などを注入して骨の量や厚みを確保します。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の上にある空洞を覆うサイナス膜を押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填剤や移植骨を埋めて、骨の厚みを確保します。

GBR

GBR

骨再生誘導療法(GBR)は、歯周病などで失われた顎の骨の部位に人工骨や自分の骨(自家骨)を移植し、骨の再生を図る治療法です。

PRP

血小板血漿(PRP)はまず血液を採取し、特殊な遠心分離機にかけ治癒効果の高い血小板を濃縮させたPRPを自家骨と混ぜ、骨の欠損部位に移植する方法です。


ハイブリットクラウン


ハイブリットとはセラミックとプラスチックの成分が含まれた材料のこと。セラミックの硬さとプラスチックの粘りを兼ね備えた被せ物です。犬歯の後ろの2本の小臼歯は、保険診療によりハイブリットクラウンで治療が可能です
ジルコニアクラウン


欠けやすいセラミックに比べ、強度の強いジルコニアは噛み合わせの力がかかる部分の歯にも最適。
変色や劣化も起きません。
ジルコニアクラウンは、金属アレルギーの方にも使用可能です。

インプラントの保証 について
名駅アール歯科・矯正歯科では患者様に『インプラント治療はインプラント体は10年、インプラント上部構造は2年の保証』をしており、経済的にも負担の少ない価格設定を心掛けています。
ただし、適応条件として、「3ヶ月毎にメンテナンスに通って頂くこと」を条件とさせていただいております。

また、症例によってはこの限りではない場合もありますが、その際はきちんとご説明させていただきます。
保証内容の詳細に関しましては、お気軽にお問い合わせください。