名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

入れ歯とは

入れ歯とは

入れ歯治療とは
歴史が古い「入れ歯治療」は多くの方が受けている治療です。素材や作製方法に制限がありますが保険診療の入れ歯を選べば比較的安価に比較的手軽に治療が受けられます。ただ入れ歯には「見た目が悪い」「硬い物が咬めない」「外れやすい」などのイメージがあるかもしれません。しかしぴったり合っていて咬み合わせが整っている入れ歯はしっかり咬めるはずです。また最近ではさまざまな歯科材料が開発されていますので、機能性と見た目にご納得いただける入れ歯を選ぶことも可能です。

機能性+見た目を追求した名駅アール歯科・矯正歯科の入れ歯治療

ノンクラスプデンチャー
目立たずフィット感が高い

ノンクラスプデンチャー

メリット
バネがないので目立ちにくい義歯です
まわりの歯に負担をかけません
フィット感に優れています
壊れにくく弾力性があります
金属アレルギーの心配が不要です

デメリット
お口の状態や残った歯や失った歯の部位により使用できないことがあります
激しい温度変化に弱い素材です
熱伝導性は金属床より劣ります

弾性のある特殊な素材でつくるノンクラスプデンチャーは名前のとおり金属のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。バネがないので残っている歯に負担をかけません。保険診療のレジンの入れ歯よりも薄く仕上がり、やわらかくフィット感があり比較的よく咬めます。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。

マグネットデンチャー
ずれにくく自然な見た目に

マグネットデンチャー

メリット
バネがないので目立ちにくい義歯です
まわりの歯に負担をかけません
フィット感に優れています
壊れにくく弾力性があります
金属アレルギーの心配が不要です

デメリット
お口の状態や残った歯や失った歯の部位により使用できないことがあります
激しい温度変化に弱い素材です
熱伝導性は金属床より劣ります

残っている歯根や埋め込んだインプラントと入れ歯の両側に磁石を取りつけ、磁力によって入れ歯を固定するのがマグネットデンチャーです。入れ歯の表面に金属が出ないので見た目が自然で、ずれにくく、しっかり固定します。

金属床義歯
薄くて違和感が少ない

金属床義歯

メリット
保険診療の入れ歯より強く咬めます
ほとんどの症例に対応可能です
強度が高く薄くつくれるので違和感を少し抑えられます
食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます

デメリット
金属アレルギーの心配があります
定期的な調整が必要です
修理が難しい場合があります

床の部分を金属でつくる入れ歯です。薄くつくれるので違和感が少なめです。金属は熱伝導率が高いので、飲食物の温度を感じやすく味覚を楽しめます。