名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら
虫歯や歯周病、外傷など歯を失う原因はさまざまあります。そのまま放置してしまうと、となりの歯が傾いてきたり咬み合っていた歯がのびてきたりして咬み合わせのバランスをくずすといった悪影響を及ぼします。お口全体の健康に悪影響を与えてしまう可能性が高まるのです。
歯を失ってしまったら、なるべく早く治療をすることが大切です。

歯が抜けたまま放置すると生じるリスク

口腔内への悪影響
歯並びがくずれ、咬み合わせが乱れます
咀嚼(そしゃく)のバランスがくずれ特定の歯に過度の負担がかかる場合があります
汚れがたまりやすくなり虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります
空気がもれて発音が不明瞭になります

全身への悪影響
顎関節への過度の負担により顎関節症にかかることがあります
咬み合わせのバランスがくずれるので全身のバランスにも影響を与えます
咀嚼がうまくいかなくなり消化器官に負担をかけてしまいます
咀嚼で伝わる脳への刺激が減ることで老化が加速する可能性が高まります

歯を失ったままにしていると口腔内だけでなく全身の健康にも影響を与えかねません。なるべく早く治療しましょう。

歯の機能を取り戻すための治療紹介

歯の機能を補う治療法には、歴史が長くポピュラーな「入れ歯治療」、隣の歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、カウンセリング相談であなたに合った治療法を見つけましょう。当院ではまわりの歯への負担が少ないインプラント治療と入れ歯治療をおすすめしています。

インプラント治療

6

メリット
天然歯に近い感覚で硬い物を咬むことができます
ほとんど違和感がありません
セラミック製などの人工歯を装着すれば見た目も自然できれいです
周囲の歯に負担をかけません
刺激が伝わるので顎の骨があまり痩せません

デメリット
外科手術が必要です
自費診療なので治療費が比較的高額です
通院回数が多く治療期間が長期にわたります

メリット
さまざまな症例に適用します
治療期間が比較的短めです
治療費が比較的安価です
保険診療の入れ歯を選ぶことができ、比較的安価に、そして手軽に治療ができます

デメリット
ある程度の大きさがあるので装着時に違和感があります
入れ歯の種類により硬い物が咬みにくいことがあります
発音がしづらいことがあります
経年により合わなくなるのでメインテナンスが必要です

ブリッジ治療

ブリッジ

メリット
違和感が少なめです
使用する素材は限定されますが、保険診療も可能です

デメリット
となりの健康な歯を削らなければなりません
支台の歯の寿命を縮めてしまいます
歯が抜けた部分の顎の骨が痩せてしまいます

それぞれにメリット・デメリットがありますので、カウンセリング相談であなたに合った治療法を見つけましょう。当院ではまわりの歯への負担が少ないインプラント治療入れ歯治療をおすすめしています。