歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

舌の健康な状態とは?

 

こんにちは、名駅アール歯科・矯正歯科でございます。

皆さんは、ご自身の舌を鏡でよく見たことはありますか?👅

舌にも健康な状態というものがあります。

舌を「べー」と前に出して中心がほんのり白く表面はざらざら これが正常な状態になります。

ざらざらは汚れではなく、触覚を敏感にしてくれる大切なものなので、汚れではありません。

一見綺麗に見える「平滑舌」=舌が赤くてつるつるした状態

良い状態ではありません。

一番多い病気「ドライマウス」という唾液が少なる病気が潜んでいる可能性があります。

口の中が乾燥し、舌にピリピリ感があるようなら要注意です。

「低位舌」=舌のふち周りが白くてガタガタしている状態

低位舌に潜む病気は「睡眠時無呼吸症候群」「口呼吸」「誤嚥性肺炎」「二重顎」などがあります。

舌は厚さ5㎝もる巨大な筋肉の塊。しかし、本来は上あごに収まっている状態になります。

下へ下がってしまったということは、舌の筋力低下といえます。

ご自身で舌を見ることはあまりないかと思います。

歯医者では、歯だけでなく舌についての相談もできますので、気になることがあれば

お気軽にご相談くださいませ。