名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

海外のハブラシとの違い!

皆さまこんにちは🌞

11/27~29日まで慰安旅行でグアムに行ってきました✨

本日から診療しております✨

グアムは暑すぎず過ごしやすかったです😊

初めてスキューバダイビングを経験し、魚を見たりウミガメも見ることができとても貴重な体験をしました😍

つぎは沖縄か別の国でやってみたいと思いました✨🐠

DCIM100GOPRO

今日は海外の歯ブラシについて紹介します!

ハブラシは世界中で使われていますが、国によってハブラシや歯みがき習慣にさまざまな違いがあるのをご存知でしょうか?

まず、

①サイズ、デザインがまったく違う!
日本人がまず驚くのが、サイズの違いです。

とにかく大きく、中でも頭の部分は「本当に口に入れるの?😳」と思ってしまうほど。
日本のハブラシと比べるとヘッドが2倍ほど大きいものもあります😳

このヘッドサイズの差は、アメリカ人と日本人の骨格の差やみがき方の違いによるものだといわれていますが、

比較的口が小さい日本人には、使いにくい大きさです!

②使い方の違い

見た目だけではく、ハブラシそのものの使い方も日本とアメリカでは異なります。
日本では、ハブラシを握るのには3本の指を使って鉛筆を持つようにする「ペングリップ」が主流ですが、
(ペングリップはムダな力を入れずに小刻みに動かすことができる持ち方)

ペングリップで持ちやすいストレートのハンドルや細めのハンドルが日本では多く見られます✨

これに対して、アメリカでは、手のひらでハブラシを握る「パームグリップ」が一般的だそうです!

ハブラシもパームグリップで握りやすい太めのハンドルがアメリカでは多く見られます‼️
国によって、みがき方の習慣やハブラシの設計自体にも違いがあるので、

海外旅行に行く際などは現地で購入するのではなく、使い慣れたものを持っていくのが良さそうですね!

③まとめ買いが人気!

アメリカのハブラシ売り場でよく見かけるのが、5本パックなどのまとめ売り。
アメリカでは食料なども大容量のものが多いですよね。
ハブラシも、まとめ買いする習慣があるようで、本パック、本パックなど大容量のものが店頭にたくさん並んでいます!!!
日本との習慣の違いがこんなところにも表れているんですね。

海外に行かれる際は、ぜひ歯ブラシコーナーを見てみてください😍

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
名古屋駅直結 徒歩1分 名駅アール歯科・矯正歯科について
あなたの歯並びを適正価格で美しく☆
最先端の技術力と確かな診断力でお口の中から綺麗のお手伝い。

話題の見えない矯正器具 見えにくい矯正器具を使用します。
表側矯正歯科(スーパークリア) 裏側矯正歯科(フルリンガルシステム ハーフンガルシステム)
マウスピース矯正歯科(インビザラインフル インビザラインライト インビザラインティーン)
スピード矯正歯科(オーソパルス コルチコトミー ヘミオステオトミー)

 

スーパースマイルへ
ホームホワイトニング オフィスホワイトニング デュアルホワイトニング
ラシャスリップ 歯周外科治療 インプラント 多くの技術を提供致します。

名古屋駅 名古屋市中村区 中区 金山 一宮市 稲沢市 岐阜市 多治見市 豊田市
知多市 岡崎市 豊橋市 蒲郡市 四日市市 知多市 岡崎市 豊橋市など
各近隣都市からも好アクセスの名古屋矯正歯科 セラミック歯科 インプラント治療は名駅アール歯科・矯正歯科へ

名古屋駅から徒歩1分 伏見駅より10分 ミットランドスクエア裏
住所:〒〒450-0002
愛知県名古屋市中村区 名駅4丁目10-25 IMAIビル11F
TEL:052-581-1051
instagram:https://www.instagram.com/meieki_r_shika
E-mail:meieki.rdental@gmail.com
URL:https://www.meieki-rdental.com/
LINEからもご連絡頂けます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆