名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

抜歯後に注意していただきたいこと

こんにちは。
名駅アール歯科です。

歯を抜いた事ってありますか?
今日は歯を抜いた後どのよう泣事に気をつけたらいいかお話ししていきます。

①抜歯の前に必ず麻酔をしていきます。
その麻酔は2~3時間(効きやすい方だともう少し長めに聞く場合もあります)効いてきます。
飲食は麻酔が切れてからするようにしてください。
麻酔が効いている状態で飲食をするとお口の中を噛んでしまっていたり、熱い物でやけどをしていても感覚がないため麻酔が切れるまで気がつかないので危険です。
飲み物は飲んでも大丈夫ですがお口からこぼれやすくなっておりますのでご注意下さい。

②ガーゼは15~30分はかみ続けて下さい。
抜歯後ガーゼを噛んで帰って頂きます。
そのガーゼは圧迫止血のために噛んで頂いておりますのでぐっと噛んだままでお願いいたします。
血が止まっていないように感じましたら受付でお渡しする新しいガーゼにそっと交換して下さい。
歯を抜いた当日、翌日はじわじわ出血がございますので血があふれてきて出血が止まらない場合はご連絡をお願いいたします。

③抜歯当日は飲酒・喫煙・運動・入浴は控えて下さい。
飲酒、喫煙、運動、入浴をすると血流が良くなりまた出血してくる原因となりますのでご遠慮下さい。

④歯磨き・うがいを強くしないで下さい。
歯磨きやうがいを強くしてしまうとせっかく出来上がってきたかさぶたがとれてしまったり、歯ブラシで患部を傷つけてしまうことがございます。
他の歯は通常通り磨いて下さい。

⑤お渡しするお薬はきちんと飲んで下さい。
抗生剤は1日3回毎食後に1錠ずつ飲んで下さい。
痛み止めは痛いときのみで大丈夫ですが、続けて飲むときは4~5時間は空けて下さい。
処方はないですが洗口剤をお使いいただくとお口の中を清潔に保てるのでオススメです。
(当医院出取り扱っている物はコンクールFという洗口剤で虫歯の予防も出来る優れものです。1本/¥1080)

⑥腫れてきてしまったら
親知らずは抜くときに顎に負担がかかりますので、顎が腫れてきてしまう場合がございます。
腫れてきたらタオルを常温のお水で冷やしていただいて頬の上から冷やして下さい。
氷などでは冷えすぎてしまうのでご遠慮下さい。

 

※妊娠中、授乳中の方はお申し出下さいね☺

歯を抜くのに質問等ございましたらいつでもご連絡下さいませ。