名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

歯磨きはインフルエンザ予防になるの?

こんにちは!名駅アール歯科でございます

インフルエンザが流行するシーズンですね。
この時期のワクチン接種ももちろん効果的ですが、実は“歯磨き”がインフルエンザの予防になるって知っていますか?

今回は、デンタルケアにまつわるインフルエンザ予防についてお話したいと思います。

歯磨きでインフルエンザ発症率が低下☆                                             ある介護福祉施設で行われた研究で、歯科衛生士が週1回、歯磨きや舌みがきの指導、プラーク(歯垢)の除去を行ったところ、実施しなかった施設と比べて、インフルエンザの発症率が10分の1に激減した!という報告があります。

インフルエンザ、風邪の予防方法というと、手洗いやうがいなどが一般的で、マメにやっていらっしゃる方も多いかと思います。これからは是非!ここに丁寧な歯磨きもプラスしてみては?

ではなぜ歯磨きがインフルエンザ予防に効果的なのでしょう?                                     インフルエンザが細胞内に侵入して増殖するには、プロテアーゼという酵素があらかじめウィルス表面の突起を切っておく必要があります。お口の中の細菌が、このインフルエンザウイルスを手助けしてしまうプロテアーゼを作り出してしまうのです。つまり、お口を不潔にしておくと細菌が増殖し、プロテアーゼの量も増え、インフルエンザにかかりやすくなってしまうのです。お口のケアをしっかり行い、細菌を減らすと、唾液中のプロテアーゼ量が減り、インフルエンザの発症も抑えられる…というわけです。

また歯ブラシは、風邪が流行る季節だからこそ、1ヶ月に1本を目安に交換するのが理想的です。1日に何回も歯を磨く歯ブラシは、実は菌の溜まり場なのです。せっかく歯磨きで細菌予防をするなら、ぜひ歯ブラシにも気をつけたいですね♪

清潔なお口と清潔な歯ブラシで、インフルエンザや風邪を回避しましょう☆