名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

口臭の原因は?

こんにちは❣名駅アール歯科でございます。

今回は口臭の原因、その対策方法についてお話します。

口臭発生の主な原因は歯周病や舌苔など口の中の病気や異常ですが、そのほとんどが歯や口の中の汚れと関係しています。したがって、口臭予防には口の中を清潔にすることが一番大切です。毎食後のブラッシングは口臭予防だけでなく、歯周病やむし歯の予防にも効果があります。小さめの歯ブラシを用いて、歯面に押し付けるように小刻みに動かして歯の汚れを取るようにすると効果的ですよ。
また、歯ブラシでは汚れが取れにくい歯と歯の間の清掃には、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具の利用がおすすめです☆︎

唾液
口臭を気にする人は、口を大きく開けてはっきり話すことが少ないようです。しかし、唇や舌を動かすことが刺激となって唾液の分泌量は多くなるのです。例えば、ガムを噛んだり、あめをなめたりすることによっても、唾液は多くでてきますね。口臭を気にして人とあまり話さなかったり、食事を控えたりしていると、かえって唾液量が減少して口臭が強くなる場合もあります。

舌苔の除去
舌苔を除去するには、舌ブラシや柔らかい歯ブラシを使用します。1日1回、特に舌苔の量が多い起床直後に舌の清掃を行うのがポイントです。舌の奥の方にブラシを入れると嘔吐反射が出そうになりますが、それを予防するには、舌を思い切り前に出し、水に濡らしただけのブラシで磨くとよいでしょう。歯磨き剤などをつける必要はありません。注意点は、舌は歯と違って柔らかい組織なので、1日に何回も磨いたり、力を入れすぎたりすると、味を感じる味蕾(みらい)を傷つけてしまうということです。舌表面をよく観察して、あまり力を入れずに磨いてください。なお、舌苔がついていない人は、舌をみがく必要はありません。

口臭予防効果のアイテムとして市販のうがい薬や歯磨き粉など多くの製品がありますが、これらは香料、殺菌剤、消臭剤などを含んでいますが、直接口臭を防止する効果はそれほど高くなく、香料でにおいを隠す遮蔽効果や、精神的に安心させる心理的効果のほうが大きいと言われています。これらを使用すれば一般的に口臭は減少し、その効果は約2時間程度持続しますが、口臭発生の原因を除去しない限り、本質的な口臭の改善とはなりません。

口臭ケアグッズも上手に使いながら、自身のお口の中と向き合いましょう✨