名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

歯周組織検査

 

 

こんにちは

名駅アール歯科です(^^)/

 

今回は定期検診でよく行う、歯周病の状態を記録する、歯周組織検査についてです。

歯医者に行くと、「7番4㎜、6番3㎜、・・・・」など言いながら検査する事があると思います。

それはプローブという器具で歯の周りのポケットの深さを測っていて、歯周病の進行度を見ています。

 

①歯周ポケットの深さ

0~3㎜ 正常または軽度

4~6㎜ 中度

7~㎜  重度

を表しています(^o^)

 

②BOP(プロービング時の出血)

BOPがある歯は今まさに炎症が起きている事が考えられます。

③動揺度

歯がどの程度揺れているかを調べる検査です。

動揺度は0~3で表されます

0度 生理的にしか動かない

1度 唇舌方向へわずかに動く(0.2~1.0mm)

2度 唇舌・近遠心方向へ動く(1.0~2.0㎜)

3度 唇舌・近遠心・垂直へ動く(2㎜以上)

 

を調べています。

その結果で患者様に合わせた、ブラッシング指導を行っています(*^_^*)

定期検診や日頃の歯磨きで綺麗な歯を保っていきましょう!