名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

痛いと感じたらもう遅い⁉むし歯👿

 

こんにちは。名駅アール歯科です😊

むし歯というとズキズキという激しい痛みがしてくるイメージがありますが、

実は軽度の虫歯だと自覚症状がないこともあるんです。

痛みがないからと放っておいた間にむし歯が進行している、なんてことも…😲

 

むし歯には進行段階が分けられていて、coからc4まであります。

👿co(シーオー)

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

👿c1

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

👿c2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

👿c3

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

👿c4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。

 

痛みや症状を感じるころには、むし歯はかなり大きく進行していることになりますね。

むし歯を放置して大きくなると、抜歯が必要になってしまいます。

自覚症状が無くても定期検診でむし歯の早期発見が大切です✨