歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

タバコと健康と歯

みなさんこんにちは!

タバコがお口の健康にもよくない事をご存知ですか?

喫煙は歯周病のリスクを高めます。

本日はタバコ🚬がもたらす歯への影響について、お話させていただきます。

 

歯周病のリスクファクターのうち、よく知られている原因として、「喫煙」があげられます。

喫煙と歯周病の関連は、日本歯周病学会をはじめ、多数報告されています。タバコの煙には分かっているだけでも、7,000以上の化学物質が含まれており、体内にさまざまな害をもたらします😡

その中でも、三大有害物質として、「ニコチン、一酸化炭素、タール」があげられます。

血管収縮作用がある⇒高血圧・脳梗塞・心筋梗塞などの原因になります。

一酸化炭素

血液の酸素欠乏になる。⇒心臓血管症・思考力の低下を引き起こします。

タール

発がん性物質が含まれている。⇒がん・循環器疾患

 

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、ひどくなりやすいので、更に治療しても治りにくいことが解っています。
ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。

禁煙することで、この危険性が下がっていくことも、研究の結果解っています。
「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。手術後の治療経過も禁煙者は非喫煙者とほとんど差が無くなります。

定期的に歯医者でのクリーニングを行うことで、予防にもなりますよ🎵