歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

親知らずって抜いたほうがいいの?

 

こんにちは☺

親知らずが気になるけど抜くべきか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そもそも親知らずとは、大臼歯の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯あるいは智歯(ちし)と呼ばれています🦷

骨の中に埋まったまま出てこなかったり、横や斜めに生えてきたりすることが多く、完全な形で生えてくる人はまれです。

位置異常で不完全に生えた状態のままになったりすると、歯ブラシをしても手入れがしにくく、汚れがたまりやすく、そのためにむし歯になり痛んだり腫れたりすることが多いです。

では、抜いたほうが良い場合はどんな時でしょうか?

●痛みや腫れがある場合

親知らずは一番奥の歯です。 そのため歯磨きが難しく、虫歯や歯周病にになりやすいです。 虫歯・歯周病が原因で、痛みや腫れが出てくることがあります。

●かみ合わせが悪い場合

親知らずは通常上下左右に1本ずつあるため、それぞれの親知らずに対となる親知らずが存在します。

しかし何らかの理由で対になる親知らずがない、あるいは生えてこないと、噛み合わせが悪くなってしまうでしょう。

親知らずが噛み合う場所にある歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。

●歯科矯正を受ける場合

親知らずが横向きに生えていると、生えようとする力によって他の歯が圧迫されます。

すると、すでに生えている複数の歯に影響を与えて歯並びが悪くなってしまう恐れがあります。

すでに歯科矯正治療を受けている方の場合、親知らずが生えようとする力で治療した歯並びが戻ることもあるので注意が必要です。

 

また、お痛みや症状がなく、正常に生えている場合や、

完全に埋まってしまっている場合は抜歯の必要はないと言われております。

 

気になる方は1度お気軽に相談にお越しくださいませ🌝🦷