歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

妊婦歯科検診

こんにちは。

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科です。

 

 

今日のテーマは

 

 ≪妊娠と歯科治療≫

 

妊娠中に虫歯の治療ってして大丈夫?

 

お腹の赤ちゃんに影響ないの?

 

って思われる方も多いと思います。

 

今日はそんなお悩みを少しでも解決できたらと思います。

 

妊娠の月数

1か月

2か月  この時期を妊娠初期と言います。

3か月    応急処置が基本。 薬の服用は慎重に行います。

 

4か月

5か月     この時期を妊娠中期(安定期)と言います。

6か月     ほとんどの歯科治療が可能です

7か月

8か月

 

9か月

臨月     この時期を妊娠後期と言います。

出産     応急処置が基本です。治療は出産後に行います。

 

前提として、妊娠中は安定期と言っても歯科治療に最適な時期ではありません。

 

妊娠中のレントゲンについて

 

歯科で使われているレントゲンで使用するX線の量は極めて少量です。

基本的にお口周りに照射し、防護エプロンの着用をして頂くため影響はないと考えて

いいでしょう。

それでも心配な方はご遠慮ください。

 

妊娠中の麻酔について

 

歯科治療で使う麻酔は局所麻酔のため打ったその周囲だけに聞かせる麻酔です。

そのためお腹の中の赤ちゃんへの影響はないと考えていいでしょう。

 

 

お薬の服用

 

妊娠初期、妊娠後期は極力に関しては、服用を避けたいです。

麻酔とは違いお薬の成分が血液を通して全身に回るためです。

 

強い痛みなどに関しては、産科の担当のドクターと相談の上、胎児に影響の少ない

お薬を出す可能性があります。

 

 

 

 

生まれてくる赤ちゃんのためにもお口の中の環境はしっかりと整えましょう

 

安定期に健診をお勧めします。

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科