歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

歯科治療に必要なCT撮影

こんにちは

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科です。

 

 

本日は、歯科用CTについてお話していきます。

 

CTって聞いたことはあるけどよくわかんない

 

どんな時に必要なの?

など思われる方も多いと思います。

 

今回はそんな歯科用CTについてです。

 

 

≪歯科用CT≫

 

・歯科用CTとは?

 

CT=Computed  Tomoraphyの略です。

 

歯科用のCTは、医科用のCTと比較して被ばく量が1/10~1/40程度です。

 

 

撮影時間も10秒くらいです。

 

医科と違い立ったままや座った状態で撮影が可能です。

(医科の場合は横になって撮影します)

 

 

 

 

通常のレントゲンだと二次元に対してCTは三次元の画像になります。

こんなにも鮮明に見えるんですよ。

 

 

 

 

実際の装置はこんな感じです!

こちらが医科用のCTです。

よくドラマとかでみますよね。

 

↑ こちらが歯科用のCTです。

パノラマ(お口全体の2次元のレントゲンと同じ装置の時もあります。)

 

 

・CT撮影でわかること

 

親知らずの抜歯の際に、下顎にある下歯槽管(神経、血管が走行している管)が接しているか、根っこは曲がっていないかなどを診断します。

根っこの治療の際にも、根っこが湾曲していないかや根っこの先の病巣の大きさなどを正確に把握できます。

 

 

インプラント治療においては、骨の幅や厚みの測定や埋入の方向の診査には欠かせません。

 

 

以上からもわかるように、インプラント治療、根尖病巣、矯正治療など様々な場面の検査や診断に効果を発揮します。

 

 

CTは保険の算定も可能ですが、それでも3000円程度かかってしまいます。

治療に必要な場合はしっかりと説明させていただいたうえで撮影させていて頂きますのでご安心くださいませ。

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科