歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

歯科医師国家試験の合格率とは?

こんにちは

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科です。

 

 

新年になってもう半月立ちましたね。

 

 

今日は歯科医師国家試験について書いていこうと思います。

 

 

歯科医師国家試験は、毎年1月の末から2月の頭に2日間によって行われます。

 

今年は、1月29日と30日に行われます。

 

合格者の発表は、3月16日の予定です。

 

当日の朝は、心臓がバクバクで何も手につかなかった覚えがあります。

 

 

そのため受験生はこの時期は、最後の追い込みですね。

 

 

私も、当時は合格するか不安でひたすら勉強していた思い出があります。

 

 

試験会場も北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県と全国で受験できます

 

 

歯科医師国家試験の合格率は、63~66%です。

 

かなり難しい試験になっています。

 

 

歯科医師国家試験の合格者

 

合格率は20%くらい下がっているんですね。

 

合格率は、新卒と既卒でも異なってきます。

 

新卒の場合、80%前後で既卒になると、35%前後まで下がってしまいます。

 

 

国家試験の合格基準は予め決まっています。

 

 

問題は必修問題、A領域、B領域、C領域に分けられます。

 

 

問題数もかなり多いですね。

この必修問題を80%超えないと他が満点でも不合格になってしまいます。

 

 

合格したら、1年間の研修を経てやっと歯科医師になれます。

 

 

最後に

 

国家試験はあくまでスタートラインです。

今の国家試験はかなり難しいですが、6年間勉強し努力してきたことは決して裏切りません。

今年受験生の皆さんラストスパート頑張ってください。

体調管理をしっかりとして、風邪を引かないようにして下さいね。

 

緊張するなというのは無理ですが、リラックスして自身の実量を発揮してください。

合格できることをお祈りしています。

 

 

 

 

名古屋アール歯科・矯正歯科 古田