口内炎について

こんにちは。名駅アール歯科です。

GWは楽しく過ごせましたでしょうか?わたしは特に遠くに出かけることもなくのんびりしていました(笑)

1日だけみずがめ座流星群の前日で新月も近く、星空指数が100%の日があったので車を1時間程走らせ夜に星空観賞会をしました

🌃

流れ星も多く見れとてもいい思い出になりました。

さて、本題ですがGWで少し生活習慣が乱れ口内炎ができました

😰

本日はそんな口内炎についてお話していきます

😰
🫦

口内炎は口の中のさまざまな部分に起こります。 歯ぐきにできたものは「歯肉炎」、舌にできたものは「舌炎」、唇の裏などにできたものは「口唇炎」、口角にできたものは「口角炎」と呼ばれます。 患部は潰瘍(粘膜がえぐれてできる穴)になったり水疱になったりします。

口内炎の主な種類は以下のものです。

①単純性(カタル性)口内炎

粘膜が炎症を起こした状態のもので赤みを帯びたもの、火傷やカンジダ症でみられます

②水疱性口内炎

ウイルスや火傷が原因で出来る水脹れのような口内炎で、潰れると潰瘍形成されます

③アフタ性口内炎
 
円形または隋円形の白色っぽい口内炎で、最も一般的な口内炎です

④潰瘍性口内炎

アフタ性以外の潰瘍を形成する口内炎で、原因は外傷によるもの、薬によるもの、菌によるものなどがあります

口内炎になる理由としてはストレスや疲れがたまって免疫力が低下した時に起こりやすいです。多くは数日から10日ほどで自然に治ります。(2週間以上続く場合は医療機関を受診してください。)

予防のためにも健康のためにも、規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけましょう

✨