名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

自分で治せる虫歯とは?

こんにちは。

 

本日は虫歯は自分で治せるのか?と言うことについてお話します。

 

虫歯の状態によっては自分で治せることもあります

虫歯が自分で治せるなんてとてもうれしいですよね。実際に、「この虫歯は少し様子を見ましょうか」と一定期間放置する治療を選択する場合もあります。

もちろん、すべての虫歯が自然に治るわけではありません。

 

 

自分で治せる虫歯と歯医者で治療が必要な虫歯の違いをご説明していきます。ぜひこの違いを知って、治せる虫歯は自分で治せるようにしましょう。

 

 

自分で治せる虫歯・治せない虫歯

自分で治せる虫歯は初期段階の虫歯のみです。初期段階というのは具体的には穴があいていない状態、冷たいものがしみない程度です。

ですが、自分で口の中を見て歯に穴があいているかを確認するのは難しいですよね。

自分でチェックできるポイント

1. 歯の表面が黒ずんでいないか
黒ずんでいれば自分で治すことはできません。白く半透明になっている程度や少し茶色っぽくなっている程度なら自分で治せる可能性があります。

2. 冷たいものがしみないか
冷たいものがしみれば自分で治すことはできません。そもそも冷たいものがしみるのは、歯の表面のエナメル質が虫歯菌にむしばまれているからです。冷たいものがしみないのであれば自分で治せる可能性があります。

 

 

虫歯レベルの5段階

虫歯レベルは5段階ありますので、知っておきましょう!

【レベル1】C0
ごく初期の虫歯です。歯の表面が白く半透明な状態で、歯の溝が茶色っぽくなっている状態。この時点ではまだ痛みはなく発見すること自体が難しいため、定期的な検診を受けることが重要になってきます。自分で治せるのはこのレベル1の「C0」=「ごく初期の虫歯」までです。

【レベル2】C1
C0よりも進行した初期の虫歯です。虫歯がエナメル質をむしばんでおり、歯の表面に小さな穴があいていることもあります。レベル2のC1からは歯科治療が必要になってきます。

【レベル3】C2
虫歯が象牙質に到達し、冷たいものがしみるケースが多いです。このレベルまでくると虫歯の進行が早くなりますので、歯科での早急な治療が必要です。

【レベル4】C3
歯科治療が必要な虫歯でズキズキと痛みを伴います。虫歯が歯の神経まで到達し、何もしなくても激しい痛みを生じる場合があります。歯科では歯根を掃除したり、神経を取り除く治療を行います。

【レベル5】C4
歯科治療が必要な虫歯で歯がほとんどなくなっている状態です。虫歯が歯根まで到達し、すでに神経が死んでいるため痛みを感じなくなります。放置しておくと膿がたまるため、抜歯する治療を行います。

 

【虫歯を治す方法】

1,フッ素を歯に塗布することです。フッ素には歯表面のエナメル質を強化する効果や、唾液に含まれるカルシウムを歯に付着させやすくする効果があります。一番手軽にフッ素を歯に塗布する方法は、フッ素配合の歯磨き粉を使うことです。ただし、フッ素濃度が低いと歯磨き粉では効果が期待できません。

フッ素濃度が400ppm以上と記載がある歯磨き粉を選ぶと良いです。フッ素が配合されたマウスウォッシュもおすすめです。

 

2.補助道具を使う。

通常、ブラッシングだけではおよそ6割程度しか歯垢を除去できないと言われています。そこでブラッシングに加えてデンタルフロスなどの補助道具を使えば、8割まで歯垢を除去できます。デンタルフロスというのは歯と歯の間を通す糸状のものです。糸巻きになっているタイプやホルダーに固定されたタイプなどさまざまな種類があります。

また、デンタルフロスに似たもので歯間ブラシがありますが、厳密には役割が異なります。デンタルフロスでできることは「歯と歯の間の汚れを取る」ことで目的は「虫歯予防」ですが、歯間ブラシでできることは「歯と歯肉の間の汚れを取る」ことで目的は「歯周病予防」です。自分で虫歯を治す目的であればデンタルフロスを使うようにしましょう。

 

改めて自分の口の中を見てみて下さい。

自分で治せる初期虫歯が潜んでいるかもしれません。