名古屋の歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科

矯正治療で歯を抜くこともあります。

みなさまこんにちは(^^)

名駅アール歯科・矯正歯科でございます。

 

矯正治療と調べると、健康な歯を抜いていくケースがあると出てくると思います。

当院でも矯正治療をするにあったて、健康な歯を抜いていく方もいらっしゃいます。

なぜ、抜いた方がいいのか3つのいい点があります。

1.歯と顎のバランスが改善される(歯が大きい・顎が小さい方)

ある程度は、顎の大きさを拡大したり、歯列を拡大することで対応しますが、大きさのアンバランスが限度を超える場合には抜歯することで、歯を並べるスペースをつくる必要があります。

 

2.スペースの確保と噛み合わせの改善

歯のがたつきがとても強い場合は、歯を並べるスペースがないため、歯を並べるためのスペースを確保するために、抜歯をします。

著しい骨格がズレている場合は、外科的な手術による改善を必要としますが、多くの症例では歯を抜いたスペースを利用し、咬み合わせのズレを改善します。

 

3.横顔が綺麗になり、小顔効果も期待できる(口元が出ている・閉じにくい)

口元は歯の位置に連動します。

横から見たときに口元が前に出ている、または、そのために口が閉じにくい場合などは、抜歯により歯を後方へ移動し、口元を改善します。

口元をさげることにより、Eライン(エステティックライン)が綺麗になります。

 

Eラインとは・・・

アメリカの矯正歯科医師が発表したものとされていて、顔を横から見たときに、鼻と顎のそれぞれの先端を結んだラインのことで、エステティックの頭文字Eをとっています。

唇の位置がEライン上のどこにあるかによって、判断されます。

基準は、Eライン上にちょうど上唇と下唇の端がくるととても綺麗なラインです。ずれていればいるほど見た目は少し悪くなります。

上唇もしくは下唇のどちらかが、Eラインよりも内側に出ていたり、Eラインよりも外側にあるならば、その基準には満たしていないとなります。

 

矯正歯科治療における治療方針は、歯を抜かない方法や歯を抜く方法、外科的にあごの位置を変える手術を伴う方法のいずれかが選択されます。

全ての矯正歯科医は、出来れば健康な歯を抜かずに、手術をせずに良好な治療を提供したいと考えていますが、あごの大きさ、歯の大きさ、上下あごの位置関係、口元は患者さんによって条件が異なります。

そのため、それぞれの患者さんに適した治療方針をドクターが選択していきます。

もちろん、「どうしても歯を抜かずに矯正をしたい」という方は、他の治療方針も提案いたしますので、ご相談してください。

 

 

矯正のご相談は、無料で承っております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。