歯列矯正・インプラント・ホワイトニング・審美歯科治療|名古屋アール歯科・矯正歯科

名駅アール歯科・矯正歯科

神経を抜くことになったら

おはようございます!

 

名古屋アール歯科・矯正歯科です。

 

 

皆さん、虫歯が大きくて神経を抜く治療した事ありませんか?

 

なんで神経の治療が必要なんでしょう?

 

 

そんな『歯の神経の治療』についてお話します。

 

 

まずは歯の構造についてです。

 

 

表層から、エナメル質・象牙質・歯髄になっています。

 

神経の治療かどうかは虫歯の大きさによって変わってきます。

虫歯が神経まで達しているときに、基本的に神経を抜く治療が必要になります。

黒い部分が虫歯です。

黒い部分が神経のところに被っています。

 

この場合に神経の治療が必要になります。

 

神経の治療を、抜髄と言います。

 

 

≪抜髄のデメリット≫

  • 強度が落ちて破折しやすい
  • 神経が無いため、虫歯になっても気づかない

 

これによって歯の寿命が短くなります。

 

よって歯の神経はなるべく残した方がご自身の歯は長持ちします。

 

 

近年、従来なら抜髄になっていた歯に抜髄を回避できる治療法ができました。

 

 

それがMTAセメントを用いた治療法です!!!

 

 

すべての場合にMTAセメントが適応になる訳ではありません。

 

 

MTAセメントを用いた治療の注意点

  • 症例によって適応できない場合がある。

適応か否かの目安となるのは自発痛の有無です。

自発痛とは何もしていない時に、ズキズキ痛いことを言います。

 

 

  • 神経を残せない場合もあります

MTAセメントを用いたからと言って必ず抜髄を回避できるわけではありません。

 

 

  • 処置後の痛み

深い虫歯の処置に変わりはないため処置後一時的にしみたりします。

 

 

  • 保険適応外

保険が効かないため自費治療になります。

 

 

抜髄は悪い処置ではありませんが、どうしても歯の寿命は少なからず短くなります。

ダメになった時にインプラント・ブリッジ・入れ歯など治療法はありますが

ご自身の歯に勝るものはありません!

 

 

 

もし少しでも気になった方はお気軽にご相談ください。

名古屋アール歯科・矯正歯科です。